癌になったら、ならないために気を付けたいこと

癌になったら、ならないために気を付けたいこと

医学博士、乳腺専門医である、南雲 吉則 著の書籍を最近読みました。
その中で印象に残ったこととして、癌に対する記述があります。いわく、
信頼できるがん治療をお探しならこちら!
不摂生を続けると、細胞分裂が限界に達してしまい、限界に達した細胞に代わって、傷口を修復するために無限に分裂する修復細胞が現れます。この細胞を、がん細胞というんだそうです。
こちらから免疫治療について知ることが出来ます。
これには目から鱗でした。真偽のほどは私には分かりませんが、何となく納得のできる説かなと思いました。不摂生によって限界を超えてしまうことで、癌細胞ができるのですね。
気になる方は免疫細胞←こちらをクリック!
細胞分裂には限りがあるということです。細胞に負担をかけない生活を送ることで癌を防ぎ、進行を弱めることができるということのようでした。
話題のがん治療 先進医療についてわかります。
また、免疫についてですが、免疫力は体温が1度下がるだけで30%ほど低下するのだそうです。健康な人でも1日に数千個は癌細胞が生まれているといいます。
体温が正常に保たれていれば、これらの免疫システムが正常に働き癌細胞の増殖を防ぐため、健康が保たれているということになります。
知りたいがん治療 免疫細胞療法についてはこちら!
冷えは万病のもとですね。食事・入浴・運動・・・地道ですが、こうした生活習慣の見直しで健康に長生きしていきたいと思いました。